音楽が社会が1でも2でも面白い!ラテンアメリカ専門誌

中南米マガジン 中南米マガジン
Português | español
音楽が社会が1でも2でも面白い!
中南米マガジン
お問い合わせ | 定期購入のご希望の方へ
カートの中を見る
バックナンバー
他の雑誌
ごあいさつ
書店のみなさまへ
広告出稿をお考えの方へ
イベントのご案内
中南米マガジングッズ
商品購入の流れ
中南米的リンク
ライターの紹介
中南米マガジン



期間限定朝顔の通信販売

キューバ、南米の弦楽器を作ります

ホームページ制作のユタデザイン


中南米マガジンの広告募集

中南米マガジン

イベントのご案内

>>一覧へ

(2012年4月開催)第97回メキシコ学勉強会のお知らせ

「“MOVIMIENTO POR LA PAZ CON JUSTICIA Y DIGNIDAD”の誕生から1年:国家非常事態にいかに対応するか」
話し合うテーマは政治・経済・社会・文化等々、それこそ何でもあり。
「MOVIMIENTO POR LA PAZ CON JUSTICIA Y DIGNIDAD」は2011年3月28日に誕生した。
きっかけは詩人バビエル・シシリアの息子の拉致と殺害である。メキシコの治安が悪化し、深刻化することへの危機感を誰もが持っていたものの、この市民運動が登場するまでは、誰もが今の危機にどう対応すべきか見いだせなかった。「MOVIMIENTO PORLA PAZ CON JUSTICIA Y DIGNIDAD」が登場するまでは政府は国民に対して「マフィアを倒すのに全力を尽くしている」と繰り返し宣伝し、死者の殆どがマフィアか軍・警察側と説明していた。政府の「勧善懲悪」的なシナリオの「臭さ」に呆れるものの、誰もが正確に国で起きていることを説明できなかったのである。「MOVIMIENTO PORLA PAZ CON JUSTICIA Y DIGNIDAD」の一番の功績と言えば、なんと言っても「被害者」に光を当てたことである。「南」と「北」への二つのキャラバンを企画したことで、国中に麻薬戦争に巻き込まれて死んだ、あるいは失踪した数知れない市民がいることを証明したことである。さらに政府の「マフィア対決戦略」が誤っていることを明らかにしたことである。


メキシコ学勉強会の皆様に、ここ一年の「MOVIMIENTO POR LA PAZ CON JUSTICIA YDIGNIDAD」の歩みと、これからの計画についてお伝えしたいと思います。ぜひともいらっしゃる前に、http://peaceformexico.blogspot.com/ を覗いて下さい。『メキシコにおける抑圧のパラドックス』という記事と「メキシコの麻薬戦争の中の行方不明者」というビデオが参考になると思います。「メキシコに平和をグロバール・ネットワーク」とは海外に住むメキシコ人が築いたネットワークです。「MOVIMIENTO PORLA PAZ CON JUSTICIA Y DIGNIDAD」を支える目的で築いたものです。

発題=Marta Valderios(メキシコに平和をグロバール・ネットワーク[ジャパン])
日時=2012年4月16日(月)19時~21時
会場=千代田区和泉橋区民館5階洋室D
JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡って右折。書泉ブックタワー隣り。駅からから徒歩3分くらいの距離。書泉の大きなビルを目指せば、すぐわかります。

会費=400円

問い合わせは、 土方美雄 hijikata@kt.rim.or.jp



中南米マガジン 中南米マガジン
中南米マガジン
中南米マガジン